パスポートの料金は更新と新規は同額ってほんと!?

この記事は3分で読めます

「あっ、そろそろパスポートの有効期限が残り一年。

期限切れにならないうちに、忘れず更新しにいかないとっ!」

 

 

パスポートって、日常的に使われてる方じゃないと、

更新の期限をついつい忘れてしまいがちじゃないでしょうか。

 

 

ですが、

 

有効期限が切れる1年前から更新が可能なので、

忘れずに、手続きをしておきたいものです。

 

お住まいの地域によって、違いますが、

パスポートの申請から受領までは、通常一週間ほどかかるので、

 

出張などで、急に海外にいかなければならない場合、

パスポートが失効していると、お話になりません。

 

 

ということで、今回は、パスポートの更新にかかる

料金のことなど調べてみました。

 

 

 

パスポートの料金の支払いには3種類ある?

JSK542_passtomemo-thumb-815xauto-15241

 

 

ご存知の方も多いと思いますが、日本のパスポートには、

有効期限

 

5年のものと

 

10年のもの

 

の2種類があります。

 

 

5年のものは紺色の表紙、

10年は赤い表紙になっていて、

一目で有効年数が分かるようになっていますよね。

 

さて、肝心のパスポートの料金についてですが、

有効期限の長さ申請者の年齢で、料金が異なり、

それぞれ、以下の金額に、一律2,000円分の都道府県の収入印紙を

加算した合計金額が、手数料となります。

 

 

 

5年間有効(12歳以下)→4,000円+2,000円=6,000円
5年間有効(12歳以上)→9,000円+2,000円=11,000円
10年間有効(20歳以上)→14,000円+2,000円=16,000円

 

 

 

因みに、原則として、手数料は全額、収入印紙で支払う形ですが、

都道府県によっては現金払いのところもあります。

 

 

ということで、パスポートの更新の手続きをする場合は、

事前にお住まいの地域の旅券事務所に確認しておくと安心ですね。

 

 

 

パスポートの料金の更新と新規の手続きの違いとは!

big_thumb_1604da6a18896644fd104f671adba29b

 

 

すでにパスポートを取得したことがある人が、

有効期限が切れる前にするの更新の手続きですが、

更新ではなく切替発給という言葉を使うのが正式な言い方。

 

 

因みに、パスポートを取得するための手数料、つまり料金は、

残念ながら、新規に申請する場合、

有効期限が短くなり、新しいパスポートに切り替える場合とも、

同額となっていて、差異は全くありません

 

 

 

パスポートの初回の申請と切り替えでの唯一の違いは、

パスポートの記載事項に変更がない場合

戸籍謄本(抄本の提出が免除されるという点だけになります。

 

 

 

ちなみに、未成年の場合は、有効期限が5年のものしか取得できませんが、

成人は5年か10年かが、選択可能です。

 

5年のものの方が料金は安くなりますが、有効年数を考慮すると

10年の方が断然、割安になりますよね。

 

 

 

パスポートの料金の更新の裏技を!査証欄の余白がもうない、という時に。

big_thumb_8db0b2fa26c955813a0fa9d768c2fe1b

 

 

既に書いたように、パスポートの有効期限が1年を切ると

新しいパスポートの申請が可能になります。

 

 

ですが、

 

もし、有効期限が一年以上残っていても、パスポートに

出入国のスタンプを押す余白がなくなってしまった場合

 

その時点で更新の手続きをすることが出来るようになります。

 

 

 

しかし新たに申請する場合は、上記の料金を支払う必要があり、

有効期限がまだたっぷりあるのに、ちょっと不経済な気もしますよね。

 

 

そんな時は、一度きりの措置ですが、2,500円の手数料で、

ビザや出入国スタンプに使用する査証欄を「増補」

 

 

つまり増やしてもらうことが出来るんです!

 

 

 

因みに、査証欄は、5年のが28ページ、10年が44ページですが、

この、増補では、更に40ページが追加されますので、

新たに申請するよりは、かなりお得な料金になっています。

 

 

 

まとめ

・パスポートは、有効期限と申請者の年齢で、3種類の料金がある。
・5年パスポートの料金は12歳以下6,000円、12歳以上11,000円。
・10年パスポートの申請は20歳以上可能で、16,000円
・パスポートの料金は、新規の申請でも更新でも同額。
・査証欄の余白が足らない場合は、有効期限一年以上でも更新可能。
・上記の場合は、2500円でできる査証欄の増補(40項)がお得。

 

 

というわけで、パスポートの更新に係る料金について、

今回は見てまいりましたが、お役にたつ情報を

見つけていただけたのなら嬉しく思います。

 

 

ところで、新しいパスポート取得後の古いパスポートの扱いですが、

返してもらうかそのまま破棄してもらうかは本人次第

 

思い出の品としてとっておきたい人は、もちろんですが、

永住権など、大切なビザが古いパスポートに貼られている場合は、

くれぐれも古いパスポートの返還を申し出ることをお忘れなく!

 

 

 

関連記事

  1. big_thumb_2046b0da5692694d519212e4215660ad
  2. palm_paradise_emerald_ocean_tropical_coast_blue_beach_sea_5000x3456
  3. lgf01a201406271100
  4. big_thumb_58ba4735a5a5e8dcdc766bf2b3dae519

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

楽天トラベル