軟骨ピアスは病院で開ける!?痛い?費用は?あなたの疑問、大調査!!

この記事は4分で読めます

 

以前は、それほどしている人を見かけませんでしたが、

最近、結構、よく目にする軟骨ピアス

 

芸能界でも、

板野友美さんや沢尻エリカさん、土屋アンナさんなど、

たくさんの方がとっても素敵な

耳元のお洒落、楽しんでらっしゃいますよね。

 

私もあこがれてしまいますー。

 

 

とはいえ、ただ単に、耳たぶに穴を開けるならまだしも、

軟骨ピアスって結構、ハードルが高かったりしませんか?

 

 

なんだか痛そうだし?失敗しても怖いし…。

でも病院だと、値段も高くなるんじゃない?

 

 

私、小心者なので、ぐるぐる考えてしまうんですよね。

 

そんな訳で、今回は、軟骨ピアスについて、

色々情報を集めてみました♪

 

スポンサードリンク

 

今更、誰にもきけない…軟骨ピアスって何!?トラブルの原因とは?

big_thumb_f6f320bad2c85bbe37acaf11ab293bf4

 

 

既にご存知の方も多いでしょうが、

軟骨ピアスって何なのか、まず最初にお話しておきましょう。

 

ピアスを開ける体の部位で、最も一般的なのは、耳たぶですが、

耳たぶ以外の耳の突起した部分に開けるピアスのことを

軟骨ピアスと呼びます。

 

 

耳たぶ以外の耳の部位は軟骨でできているので、

耳の軟骨にするピアスということで、軟骨ピアス、

とネーミングされてるわけですね。

 

 

 

さて、そんな軟骨ピアスですが、口コミなどをみると、

耳たぶにするピアスよりも、何かとトラブルの多い印象が。

 

 

「すごく痛い」「なかなか完成しない」といった声や、

「軟骨ピアスを開けてから頭痛に悩まされる」

「化膿して痛いので、ピアスの方を下にして眠れない」

 

 

なんて深刻なものまであって、結構、大変そうです。

 

 

 

これは、耳の軟骨部分が、耳たぶよりも血流が悪く、

適切なプロセスで穴を開け、アフターケアをきちんとしないと、

化膿しやすいからなのだそうです。

 

また、ホールが完成するまでに数ヶ月~1年と長期間かかり、

その間は、適切なケアが必要なのも、トラブルが多い原因。

 

 

では、トラブルなく、きれいに軟骨ピアスを開けるには、

どうするのが一番よいのか、続けて見ていきたいと思います。

 

 

 

自宅VS病院VSスタジオ、あなたはどこで開ける!?

N934_ktebukurowosurudrm-thumb-815xauto-14589

 

 

まず、ピアスを開けるにあたり3つの選択肢があります。

 

それは、病院ボディピアシングスタジオ、そして自分で

う~ん、個人的には、自分で挑戦する勇気、ないですね~。

 

 

軟骨ピアス用のピアッサーも売られているので、

できないことはないでしょうが、私が一番心配なのは、

 

ピアスのホールの角度のことです。

 

 

開ける位置は、あらかじめ、マーカーなどで印付けすれば、

きっと、問題ないと思いますが、

針の角度って、自分ではなかなか分かり辛いんですよね。

 

 

特に軟骨ピアスをする部位は、形が耳たぶよりも複雑で、

凹凸もありますから、個人的には自分でするのは

あまりお勧めできないかな、と思います。

 

耳たぶに開けるなら、自分でも十分可能なんですけどねぇ。。。

 

また、傷の直りが悪く、後々、感染症などになっても怖いですから、

やっぱり専門の機関で、

きちんと開けてもらうのが安全じゃないでしょうか。

 

 

 

しかし、それでも自分でしたいって方は、

よろしければ、下の動画、参考になさって下さい!

そして、くれぐれもアフターケアをお忘れなく!!

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 スタジオVS 病院 それぞれの短所・長所、大分析!

 

 

ピアスを開けられる専門機関というと、

病院ボディピアシングスタジオですが、

 

実際、どちらのほうがよいのでしょうか?

巷の声を元にそれぞれの長所と短所、分析してみました。

 

 

 

病院

 

 

【長所】

 

もしピアス装着後、トラブルが起こった場合、

かかった病院で処置をしてもらえる。

 

【短所】

 

多くの医療行為の中の一つなので、

色々と相談に乗ってもらえないことも。

 

病院によっては、ピアッサーを使う所もあり、

自分でするのと大差なく感じられる。

 

 

 

スタジオ

 

 

【長所】

 

ピアシングの専門家なので、経験が豊富だし、

きちんと相談にも乗ってくれ、ニードルを使い、

きれいに穴を開けてくれる。

 

 

【短所】

 

衛生面やアフターケアの面の不安が残るし、

もし化膿したら結局、病院にいく羽目に

 

 

 

 

というような巷の声でしたが、

スタジオの方がきれいに開けてもらえる、

という声が多く、スタジオ>病院という傾向でした。

 

また、値段についてですが、

病院だと麻酔や薬代込みかでも違いますが、

大体1~2万円の予算を見ておいたほうがよさそう。

 

 

一方、スタジオは多少安く、一万円以内でもできそうです。

ただ、スタジオでは麻酔の使用や薬の処方はないので、

自分は何を重視するのか、きちんと考えて選ぶことが大切ですよね。

 

 

 

まとめ

 

 

 

・軟骨ピアスは耳のピアスよりトラブルが多い。
・原因は、化膿しやすいことと、ホール完成まで時間がかかるため。
・軟骨ピアスは、自宅、スタジオ、病院の何れかの手段で開けられる。
・トラブル回避のため専門機関で開けるのがお勧め。
・仕上がり重視でトラブルがなければスタジオがおすすめ。
・トラブル対策を重要視なら病院が無難。

 

 

そんな訳で、軟骨ピアスのこと、色々見てきましたが、

皆さんのお役に立てる情報があれば、嬉しく思います。

 

何を重視するかによって変わってきますが、

やはり、身体の事ですから、

私としては、安全面を一番重視される事を強くお勧めしたいですね。

 

 

また、スタジオや病院選びも、あらかじめ評判を聞くなどして、

十分、吟味して選ばれるのが、

結局、トラブル回避につながるのでは、と思いますので。

 

皆さん、安全にお洒落を楽しんでいただきたいなって思います!

 

耳たぶのしこりとかも気になるようなら、

こちらも併せてご覧下さい。

 

 

スポンサードリンク

関連記事

  1. brunettes_women_black_and_white_eyes_models_lips_monochrome_1920x1080
  2. big_thumb_57a90bc3bb3cc5fcbc6a43534e0cbf34
  3. brunettes_women_redheads_mood_females_girls_face_1920x1200
  4. 024014

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

楽天トラベル