家族内に腸炎の感染者!移るのを予防する有効な対処法とは!?

この記事は3分で読めます

良くないとわかっていても、暑い夏場は、

ついつい冷たいものに手が伸びてしまいがちですよね。

 

夏ばてと相まって、どうも最近、おなかの調子がおかしい、

なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

でも、それ、

本当に冷たいものの食べすぎで、おなかを下してるだけ?

 

もしかすると、違う原因があるかもしれません。

 

 

先日、腸炎の話題でも少し触れましたが、

今回は、特に、他人にうつる可能性のある腸炎に絞って、

 

その対処法や予防法についての情報を、

私なりに、まとめてみました!

 

 

 

油断大敵!!他人にもうつる腸炎の種類とは!?

PAK85_lalaonakaitaidesu20140321500-thumb-815xauto-4469

 

 

先日、腸炎には細菌性ウィルス性があり、

夏場に多いのは細菌性のものだとお話致しましたが、

 

ウィルス性の腸炎が、夏には皆無かというと、

そういう訳ではなく、夏場でも症例はあります。

 

 

細菌性とちがい、このウィルス性の腸炎で厄介なのが、

人にうつるという特徴があること。

 

 

ウィルスが原因で諸症状が現れているわけですから、

感染することで、誰でも発症する可能性があります。

 

腸炎を引き起こすウィルスは、

ノロウィルス、ロタウィルス、アデノウィルスなど。

以前、夏風邪の記事でも触れたアデノウィルスも、

その原因の一つになっています。

 

関連記事:

 

 

 

一般的に、ウィルス性の腸炎は、細菌性のものよりも、

症状が重篤化しにくい、といわれていますが、

 

特に乳幼児や年配の方は、重症化しないよう、

くれぐれも甘く見ないようにしてください!

 

 

 

ウィルス性腸炎、感染した場合の有効な治療法とは?

big_thumb_8fd99afaa287a4ed1b156d93ee64eec6

 

 

ウィルス性の腸炎で、もう一つ覚えておいて頂きたい事、

それは、特効薬がないということです。

 

 

なので、もし感染してしまった場合の治療は、

つらい症状を和らげつつ、自然に快復を待つ対処療法

 

 

ウィルス性の腸炎の場合も、対処のプロセスは、

基本的には、細菌性の腸炎と同じ。

 

最初、吐き気が強い場合や腹痛があり食欲もない状態では、

水分補給のみ、こまめに行って、

絶食するのが最良の対処法となります。

 

 

その後、症状が安定してきた快復期の食事も、

消化がよく、刺激の少ないものを少量ずつ摂取して、

様子を見ながら徐々に普通の食事に戻していきます。

 

 

 

普通は、3~4日程度で症状は快方に向かうといわれていますが、

その間も他人にウィルスを感染させる可能性があるので、

看病する人は、二次感染をしないよう、特に注意が必要ですね。

 

 

 

家族に感染者発生! 二次感染を防ぐ3つのポイントとは!?

clean hands 出典(クレジット)URL https://www.flickr.com/photos/arlingtonva/

 

 

 

ウィルス性腸炎の感染経路は、ほとんどの場合、

感染者との接触や、汚染された飲食物による経口感染

 

つまり、口からウィルスが入ってくる事によって、

二次的に感染してしまうことが分かっています。

 

 

そこで、家族に感染者が出てしまった場合は、次の3つの注意点を、

しっかり抑え、感染が広がらないよう心掛けて下さい!!

 

 

 

①こまめにうがい&手洗いをする!

 

 

これは、日頃から習慣にしておきたい健康管理ですが、

 

感染者が居る場合は特に、殺菌効果のあるうがい薬や石鹸で、

頻繁にうがいや手洗いをすることで

感染率を低くする事ができます。

 

 

 

②嘔吐物や便の処理は素手でしない!!

 

 

特に、感染者が乳幼児の場合、嘔吐したものや便の処理は、

看病している人がすることになりますが、

その際、必ずビニール手袋などを着用してください!

 

またオムツなどの処理も、ビニール袋などに入れて、

しっかりと密閉して捨てるよう心掛けましょう。

 

 

 

③殺菌消毒をこまめにしよう!

 

 

ウィルスは、病人が残した食事や飲料などからも、

感染する可能性があり、残飯の処理も注意が必要

 

また、トイレ、お風呂などの水周りも殺菌消毒効果のある

洗剤や消毒薬でこまめに清掃するようにしましょう。

 

 

 

まとめ

 

 

 

・うつる腸炎は、ウィルス性腸炎が多い。
・原因は、ロタウィルス、ノロウィルス、アデノウィルスなど。
・ウィルス性腸炎に特効薬はなく、治療は対処療法。
・感染した場合の対処は、基本的に細菌性腸炎と同様。
・家庭内の二次感染を防ぐ3つのポイントを再確認!

 

 

さて、今回は、ウィルス性の他人にうつる腸炎について、

見てまいりましたが、いかがでしたか?

 

 

二次感染を防ぐのが、この感染症でのポイントですよね。

 

ですが、看病をしていると病人に絶えず接してるので、

本当に、うつらないようにすること、難しいですよね。

 

かく言う私も、子供が小さかった頃は、

子供からよく病気を貰ってましたね~。

 

でも、二次感染予防を心がけ、注意しながら看病する事で、

感染率はぐっと低くなりますので、

皆さんもぜひ、3つの注意ポイント試してみて下さい!!

関連記事

  1. Jelly_rainbow_2560x1600
  2. 939cda570f9f323fa13ad1cec3b30b41
  3. women_redheads_cold_freckles_1920x1200
  4. women_girls_babes_models_sexy_sensual_style_fashion_1920x1200

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

楽天トラベル

Twitter