口内炎に塩を塗ると「悪化する」vs「早く直る」を大検証!!

この記事は4分で読めます

知らない内にできてしまっている口内炎、

気になってついつい舌で触ってしまったり、

食べ物を口に含むと痛みがあったりして、かなり不快なもの。

 

ひどくなければ、放っておいても自然に治ってしまいますが、

なってしまったら早く直したい、というのが共通の願いだと思います。

 

 

ところで、口内炎を早く直すのに、

患部にを塗りこむ」「塩水でうがいをする」など、

 

塩を使った民間療法が、よく知られているようですが、

これって、本当に効果はあるのでしょうか?

 

 

かえって悪化するという意見もあるようですが、

さて。その真偽やいかに!?

 

という事で、口内炎の治療に塩は有効なのか、私なりに検証してみました。

 

スポンサードリンク

 

「塩療法は口内炎に有効!」派の言い分

OZP73_hagaitaidansei20130707500-thumb-815xauto-4533

 

 

塩に殺菌効果があるのはよく知られていますが、

塩を使った口内炎の直し方には以下の二つの方法があるようです。

 

 

①患部に直接塩を塗り込み、数秒~数十秒、我慢した後、口をすすぐ。

 

 

かなりの荒療治に思えますが、この方法を勧める人達によると、

 

 

「塩を塗っている間は患部に激痛が走るが、その後、痛みが弱まる。

 これを何度か繰り返すことで、早く完治する。」

 

「塩を付けた患部を指で押さえ続けると1分ほどで痛みを感じなくなり、

 その後、口内炎自体も1~2日で治る。」

 

 

という風に、かなりの痛みは伴うものの、即効性はありそうな感じです。

 

 

②食塩水で1日4~5回うがいをする。

 

 

「口内炎にはしみるけど、繰り返すうちに症状が軽くなる。」

 

「放置しておくよりも確実に早く直るし、それ以上ひどくならない。」

 

 

こちらの方法も、激痛とまではいかくても痛みは伴うようですね。

また、繰り返す事で、直りが早くなるというのが共通の意見。

 

ちなみに、どちらの方法も、使用するのは天然塩がよいとのことです。

 

塩の殺菌効果が決め手となっているのか、

塩療法が口内炎に有効だと主張する方は相当数いる模様です。

 

 

 

「塩療法は却って口内炎を悪化させる!!」派の反論

N825_shiotosyouyu3500-thumb-815xauto-2209

 

 

塩で口内炎の直りが早くなると主張する人がいる一方、

それはただの都市伝説、真っ赤な嘘だと反論する人達も。

 

彼らの言い分はというと、

 

「炎症を起こしている患部に塩なんて塗ったら

 炎症が余計にひどくなるし、傷を更に広げる事になって逆効果。」

 

「食塩水でうがいしても殺菌効果は低いし、持続性もあまり期待できない。」

 

「実際に試したが、悪化の一途を辿り、痛みも増した。」

 

「塩水でうがいしたところ、患部から出血した。」

 

 

という風に、塩療法有効派と真っ向から対立するものです。

 

 

確かに炎症を起こしている患部に塩を塗るなんて、

更に炎症がひどくなりそうだし、正直、説得力がある気もします。

 

 

ですが、塩で口内炎がよくなったという人達も相当数いるため、

一概に、全くの出鱈目と、その主張を切り捨てることもできません。

 

ところで、塩療法が逆効果だと主張する意見を検証するうち、

ちょっと気になる傾向を発見しました。

 

それは、彼らの口内炎が、とてもしつこそうだという事、

そして、炎症もひどく、痛みもかなり強そうだということです。

 

 

というわけで、口内炎に塩療法は有効か否か、

口内炎のできる原因症状の度合いも考慮に入れて、

次の項で詳しく検証してみたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

口内炎に塩は有効か逆効果か!?(私見)

OZP73_kensakekkawosetumeisuru20140321500-thumb-815xauto-4555

 

 

そもそも、口内炎ができる原因は、

口内の傷にばい菌が入り炎症を起こしたもの口内の不衛生

ビタミン不足ストレス、胃腸の荒れ免疫力の低下など様々です。

 

 

そして、その症状も、炎症の部分が小さい軽度のものから

複数の炎症が見られる重度のものまで、色々なケースが。

 

なので、一口に口内炎といっても、その原因や重症度により、

治療法の有効性もおのずと変わってくると考えられます。

 

確かに、塩には殺菌効果がありますが、それは消毒薬、抗生物質のような

目覚しい効果が期待できるものではありません。

 

 

ですが、口内の傷口にばい菌が入って炎症をおこしたなど、

一時的な原因で発症した軽度の炎症で、健康状態も悪くない場合、

 

塩に含まれる殺菌力ミネラル分が助けとなって、

自然治癒力を高める事がないとは言い切れません。

 

 

一方、食生活や生活習慣など、慢性の原因の口内炎であれば、

その原因を改善しない事には、なかなか炎症が治癒せず、

塩による刺激が却って炎症を悪化させてしまうのかもしれません。

 

厭くまでも、仮説の域を出ませんが、口内炎の塩療法が有効か否かは、

個人の健康状態や口内炎の重症度、その他様々な要因で決まると考えられます。

 

 

 

まとめ

 

・口内炎の塩療法有効だと主張する人も相当数いる。
・患部に塩を直接塗り、激痛に耐えると、直りが劇的に早くなるらしい。
・塩水でうがいを繰り返すと直りが早いらしい。
・逆に、塩療法は口内炎を却って悪化させると主張する人も多い。
・塩で刺激され、炎症が余計にひどくなるらしい。
・そもそも、塩の殺菌力はあまり期待ができない。
・口内炎の塩療法は軽度の症状で健康な人にはある程度有効とみられる(私見)
・免疫力が落ちていて、重症の場合だと逆効果かも(私見)

 

 

というわけで、個人的には、塩を使って口内炎を早く直すのは、

厭くまでも軽度な場合なら、有効な手段ではないかと考えます。

 

効果のある人にはある、ない人にはない、

なんだか一見、中途半端な検証結果みたいですが、

民間療法というのは、本来、そういうものではないかと思います。

 

ただ、症状が悪化したり長引く場合は、

塩のほかにも原因が隠れている場合もあるかもしれません。

放置しておかずに、医師の診断を仰ぐと安心ですね!

関連記事

  1. big_thumb_88ed6cf4c16ca9c4a6162f565610e845
  2. brunettes_women_black_and_white_eyes_models_lips_monochrome_1920x1080
  3. DB88_onakamawari15154229-thumb-815xauto-15877
  4. big_thumb_7369a99f5118c61227c88cb62ad97869

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

楽天トラベル

Twitter