コンタクトで目の充血や痛みがある原因は?目薬は使うべき!?

この記事は3分で読めます

「なんか目が痛いんだけど、どうしたんだろ…

コンタクト、ずれたりしてないよね~。」

 

 

と思いつつ、コンパクトミラーを覗き込んでみて、びっくりっ!

 

目が真っ赤に充血して、見るからに痛々しい状態になってる

なんて経験がある方、少なからずいらっしゃるのでは?

 

かく言う私も、コンタクト暦はかなり長く、

高校時代にハードコンタクトレンズを使い始めて以来、

現在もワンデイアキビューのお世話になっています。

 

・・・が、眼鏡と違い直接目の中に異物を入れるコンタクト、

きちんと使わないと、トラブルも多いんですよね。

 

という事で今回は、コンタクトで目の充血や痛みがある

と言う場合の原因や対処法について調べてみました。

 

スポンサードリンク



 

コンタクトで目の充血や痛みの症状が出る原因とは?

 

 

目の充血や痛みの症状は、コンタクトのトラブルとしては

かなり一般的なものですが、

先ず一番に考えられる原因は

コンタクトによって、角膜に十分酸素が供給されず

角膜が酸素不足を起こして充血しているという事です。

 

因みに、酸素不足の状態では目の血管が太くなり、

それが目の充血という形で現れるとのこと。

 

 

また、

 

酸素不足=目に負担がかかっている状態

 

という事で、痛みの症状も併せて現れることも多いんです。

 

 

あと、コンタクトの使用時間使用回数

を守らなかったりしても

目に負担がかかったり、コンタクトに雑菌が蔓延り、

目の炎症の原因になるので要注意!

 

直接、眼球の表面に触れるコンタクトなので、

使用方法を厳守する事がトラブル回避の鉄則です!!

 

 

その他、コンタクトを日常的に使っている方に多いのが

ドライアイになっていて充血や痛みを感じている場合も。

 

直射日光を長時間浴びたり、エアコンの風に直接当たる等、

目の疲労を助長するような環境にいる場合だと

決められた時間内でも充血、痛みなどの症状が現れることもあり

特に注意が必要です。

 

 

 

コンタクトで目の充血や痛みが出た時の対処法は?

 

 

という事で、コンタクトをつけていることにより

角膜の酸素不足や目の疲労などが原因で引き起こる

充血や痛みですが、先ず症状を自覚した際は

一刻も早くコンタクトを目から取り外す事が肝心!

 

いずれの原因にせよ、目充血や痛みの症状は、

目にかかっている負担から来ているわけなので、

少しでも早くその負担を軽減するよう

対処する事が第一になります。

 

 

また、特に注意が必要なのは

コンタクトを取った時より

している時の方が痛みが軽くなるという場合!!

 

 

コンタクトをした方が痛みが和らぐのは

目の状態が改善しているからというのでは決してなく、

コンタクトが炎症部分をカバーする

カットバン代わりになっているだけの一時的なもの。

 

なので、コンタクトをした方が痛くないからといって

つけ続けると、炎症は悪化こそすれ改善する事はまずありません!

 

スポンサードリンク



 

コンタクトで目の充血や痛みがある際、目薬は使用可?

 

 

さて、そんな訳で

コンタクトによる目の充血や痛みについて見てきましたが、

市販の目薬で充血を抑える効果があるというタイプの物

結構、よく目にしますよね。

 

充血している目って見た目もかなり痛々しく、

一刻も早く症状を改善したいと思い、点眼される方も多いのでは?

 

 

ですが、目薬を使う際、気をつけないといけないことがひとつ。

 

これは、ぜひ覚えておいて頂きたいことなんですが、

その目薬が目の血管を収縮させて充血をとっている場合

単なる対処法に過ぎませんので、根本的解決には全くなっていません。

 

一見、充血が取れ、目の状態は改善したかに見えるかもですが、

充血した状態と言うのは、先に振れた通り酸素不足等を補う為

血管が太くなった状態なので、

それを薬の力で阻害して見た目をよくすると言う行為は、

目自体の自然治癒を遅らせる原因にもなりかねません。

 

 

という訳で、もし目薬を点眼する場合は

 

塩酸テトラヒドロゾリン

ナファゾリン塩酸塩

 

等の成分が含まれている物は避けたほうがベター!!

 

目の疲労を更に悪化させる原因にも繋がりますので、

ぜひぜひ、注意して目薬のラベルの成分表記を確認して下さい!

 

 

 

まとめ

・コンタクトで目の充血や痛みの原因は角膜の酸素不足かも?
・充血は目の負担を軽くする為の血管が太くなる事で起こる。
・症状を自覚したら先ずコンタクトを取り外すのが先決。
・コンタクトをした方が痛みが和らいでもつけ続けるのはNG!!
・充血を改善する目薬の使用の際は、成分に要注意!

 

 

という事で、コンタクトが原因で起こる

目の充血や痛みについて見てきた訳ですが、

私も、かなり思い当たる節があり、改めて気をつけないとな、

と少なからず反省しました。

 

特に、充血を取ると言う目薬については

良かれと思ってしていることが裏目に出る事もあるので

ホント、注意が必要ですよね。

 

眼鏡のような煩わしさがないコンタクトは

私自身も含め、目の悪い者にとってはとても便利なアイテムですが

使い方を一つ間違えると、最悪、失明の危険もはらんでいますので

お互い使用方法をきちんと守って安全に使っていきましょうね。

 

スポンサードリンク



 

関連記事

  1. DB88_onakamawari15154229-thumb-815xauto-15877
  2. summer_sun_sand_beaches_mood_nature_drawing_1920x1080
  3. lgf01a201407280300
  4. MIYAKO85_musyokuhanmokku20140725_TP_V

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

楽天トラベル