絶対に再提出を言い渡されない読書感想文の書き方!中学生編!

この記事は3分で読めます

夏休みの宿題、中学生ともなると、その量、内容ともに相当なもの。

その中でも、頭を悩ませる人が多いのが、読書感想文

 

特に、本を読むのが嫌い、文章を書くのはもっと嫌いって人にとっては、

考えただけでテンションが急降下する課題ですよね

 

でも、読書感想文なんて、コツをつかめば、誰でも簡単にかけるもの

何も難しく考える必要はありません。

 

今回は、本選びから文章の構成書き方まで

そのポイントを段階的にご紹介していきたいと思います。

 

 

重要!!本選び3つのポイント

big_thumb_57f22c87e44aa88b85d322ee0690d433

 

まだ夏休み序盤で、時間的に余裕があれば、選択肢は広がりますが、

もし、余裕がなくなってきている場合、以下のものがお勧めです!!

 

①短~中編の小説や詩集などの名作

 

名作であれば、書評なども多く、感想文に行き詰った際、

参考にできる資料がたくさんあるのでお勧め!!

 

お勧めの名作「走れメロス」 「羅生門」 「夢十夜

 

 

②大筋で生涯を知っている人物の伝記

 

読む前からある程度の情報が頭の中にある人物の場合、

その人の人生のポイントを抑えつつ、読み進めることができます。

 

伝記になる程の人ですから、その偉業に焦点を当てれば、

感想を書くのは、難しくありません!

 

お勧めの伝記:「アンネ・フランク」「織田信長」「坂本竜馬

 

 

③映画、ドラマ化されている小説

 

ストーリーを既に知っているという点で、圧倒的に有利。

 

できれば、きちんと読書した後、感想を書いて欲しいですが、

状況が許さない場合、さらっと読み流し、書き始めることも可能。

 

お勧めの原作本:「アルジャーノンに花束を」「永遠の0」「一リットルの涙

 

メッセージ性の強い本だと、感想も書きやすくなります。

 

また、大切な箇所に線を引くなどしながら読み進めると、

感想文を書く際、能率が上がります。

 

 

感想文は、三段階の構成で書き進めよう!

big_thumb_390ecaa89248821208bf54ec2cbd3f9a

 

本を読み終わり、原稿用紙を前にしたら、

まずは、書き進めていくプランを頭の中で整理しましょう。

 

原稿用紙何枚以上と、指定されている場合もあるでしょうが、

ひとまず、中学生の目安として、400字詰原稿用紙4枚+αを目指すこと。

 

以下の3段階の配分で展開していくと、全体のまとまりがよくなります。

 

①序文 原稿用紙半分~4分の3程度

 

その本を選んだきっかけ、伝記なら簡単な人物紹介などの導入部分

本のあらすじ、前書きなどを参考に書き始めるのもOK。

 

②本論 原稿用紙2枚+α

 

感想文のメインとなる部分。“本の内容→自分の感想”のように、

交互に書き進めていくとで、あら筋の羅列になる事が防げます。

 

この部分は、長くなるので、二つに分割してもOK。

 

③まとめ 原稿用紙半分~1枚

 

自分ならこうしたと思う。なぜなら…だからです。」や、

~だと感じたので、これからは私も…という風にしていきたいと思う。」など、

 

自分がその本から得た教訓、考えさせられた事を、

自分の実生活に結び付けて書くことで、内容がぐんと深くなります!

 

 

行き詰った場合にすべき2つの事

big_thumb_1f2e23edddd4fbdbf8b5e242f51bdd1c

 

書きたい事は、自分の中に漠然とあるんだけど、

最初の一文がなかなか出てこないので、書き進められない。

 

途中まではすらすらかけてたけど、急に行き詰ってしまった。

そういう場合は、以下の2つの裏技的な事を試してみると、

スムーズに書き進める事ができるでしょう。

 

 

①裏表紙や前、後書きなどを読みかえし、参考にする。

 

内容は頭に入っていても、それを上手く文章にまとめ、

自分の感想を展開していくのは難しいものです。

 

そんなときは、本の裏表紙のあら筋や、後書きなどを読み返してみること。

物語の核の部分の抜粋など、大切なポイントがまとまりよく書かれているので、

その中に使われている言葉を上手く取り入れて書き進めましょう。

 

ですが、あくまでも、参考に、です。丸写しはNGで!!

 

 

②インターネットでその本の書評を検索する

 

一度、読んでいても、案外、記憶から抜けてしまっている内容も。

そんな新しいネタが見つかれば、その分、書く事が増えます。

 

また、同じ本を読んで、他の人が持った感想を見てみる事で、

新しい着眼点を発見し、見落としていた内容を思い出すことができれば、

行き詰まりも打破できる事でしょう。

 

 

まとめ

 

 

・本選び、3つの重要ポイントを抑えよう!
・文章を書き始める前に、書き進めるプランを立てよう!
・3段階のプロセスで、しっかりした構成の感想文を仕上げよう!
・行き詰ったら、参考になる資料を読み返そう!

 

 

昔の記憶を紐解きつつ、私なりのアドバイス、考えてみましたが、

何か参考にしていただける情報があればうれしいです。

 

実は、私、昔から、読書感想文、超得意でして、

ここだけの話ですが、国語の一種教員免許も持ってたりします

 

で、そんな私が実践していた中でも、特にお勧めの策は、

最後にあげている、

 

後書き、書評等をいくつか読み、

それを継ぎ足したり、

少し言い換えたりして、

自分の文章にしていくこと。

 

0からのスタートよりも、俄然、書きやすくなりますので!!

 

皆さん、夏休みの読書感想文、無事、提出できる事、祈っています!!

 

関連記事

  1. big_thumb_44be70390946bd3d0b762a7e8cb7b42b
  2. amazon_wall_e_danbo_humor_funny_sadic_toys_robot_movies_1920x1200

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

楽天トラベル