カビの対策!部屋に有効なカビの対策や除去の方法は!?

この記事は3分で読めます

「うわっ、こんな所にカビがっ!

最近、天気悪くてじめじめしてたからなぁ。

…にしても、部屋のカビ対策って何が一番有効なんだろ…」

 

 

ちょっと大掛かりな掃除をしたりすると

普段は家具に隠れている壁や押入れの隅っこなどに

いや~なカビを見つけてしまうこと、ありますよね~。

 

特に、カビが好む高温多湿の環境だと

奴らの繁殖力には、ホント、あなどれないものがあり…

 

衛生面や家族の健康を考えても

何とかカビを撃退し、繁殖させない対策を考えたいですよね。

 

 

という事で、今回は、部屋のカビ対策や

有効なカビの除去の方法などご紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

カビの蔓延る4つの要素を知ってカビの対策を!

 

油断していると知らないうちに繁殖しているカビ。

衛生的な問題もさることながら、

放置しておくとアレルギーなどの原因にもなるカビは

決して軽視できない有害物質!

 

ですが、特に室内のカビは、ひとたび生えたが最後

完全に除去するのはかなり至難の業なんですよね。

 

 

そんな訳で、先ずは敵の正体、

つまりカビが発生する4つの要素を知っておく事から。

 

 

①湿度  →カビが活発に活動し始めるのは湿度80%以上。
②温度  →20~30℃がカビが好む温度。
③栄養  →汚れやホコリなど。
④カビの菌→私たちの生活空間の中に存在。

 

という事で、湿度が高く、温度も比較的高い状態で

部屋の中の汚れやホコリを栄養源にカビは蔓延るわけです。

 

一番いいのは、カビの菌のない環境を作る事ですが

太古の昔から私たちの身近に存在していているカビの菌を

完全にシャットアウトするのは、先ず不可能。

 

また、温度にしても20~30℃というと私達にとっても

まずまず適温なわけで、これを無理に変える事も非現実的です。

 

 

となれば、自ずと後の2つの要素がカビ対策の重要なポイント

という事になりますね。

 

 

 

部屋のカビ対策では湿度の管理が最も有効!?

 

という事で、カビの対策では

 

 

①カビの栄養源である部屋の汚れやホコリを溜めない事
②湿度をカビが繁殖しやすい高い状態にしない事

 

の2つが重要なわけですが、

 

①については、小まめに部屋の掃除することで解決ですが

②の湿度が結構、やっかいなんですよね。

 

 

因みに、カビの活動をけん制するには、

部屋の湿度を60%以下に保つ事が効果的との事なのですが、

お天気の良い日なら窓を開けての換気も有効ですが

屋外の湿度が90%なんて当たり前の

じめじめした梅雨の時季だと、それもアウト。

 

 

となれば、

 

除湿機やクーラーの除湿機能を使い

部屋の湿度を下げることが一番、有効ですが

これも24時間フル稼働という訳にはなかなかいきませんよね。

 

そんな訳で、現実問題として決定打がないのが

部屋のカビ対策の最も難しいところなのですが、

それでも、ある一定の効果が期待できるのは

 

 

・押入れ、靴箱など湿気の溜まる所は扉を開け小まめに換気
・乾燥機などを使い濡れた洗濯物は部屋の部屋干しを控える
・雨の止み間など、湿度が低いタイミングで窓をあけて小まめに換気

 

 

のような対策です。

 

 

兎に角、換気と除湿を上手く組み合わせて

部屋の中の洗濯物など、湿気の発生源を出来る限り減らす

という対処法を地道に続ける事がカビ対策では肝心です!

 

スポンサードリンク

 

部屋のカビの除去で有効なアイテム3選!

 

カビが生えないような環境を作る事を心掛けていても

天候の影響も少なからず受けてしまうカビの繁殖なので

生えてしまったカビをいかに効果的に除去するか

というのも重要なポイントですよね。

 

という事で、身近な物でカビの除去に有効な3つのアイテムを

最後にご紹介しておきます。

 

 

①お酢

 

殺菌効果が高いので 意外と有効。

狭い範囲のカビなら、お酢を薄めたお湯でふき取る事で

ある程度、除去が可能です。

 

 

②重曹

 

重曹は、かなりしつこいカビにも除去作用アリ。

お湯に溶かした重曹で、カビが繁殖している部分を

叩くようにしてふき取るのがコツです。

 

 

③エタノール

 

こちらも殺菌作用があるので、

たんすなどの表面にカビが生えた場合に有効。

カビが蔓延っている部分にスプレーしてふき取ると

再発防止にもなります。

 

 

 

まとめ

・カビが部屋に蔓延る4つの要素を再チェック!
・部屋のカビの対策は小まめな掃除!
・部屋のカビの対策では湿度の管理も重要!
・生えてしまったカビは身近なアイテムで除去を!

 

 

という事で、今回は

多くの人が悩まされる部屋のカビの対策について

色々と見てまいりましたがいかがだってでしょう?

 

 

高温多湿の時季に蔓延るカビは、

なかなか決定的な対策が難しいですが

小まめな換気や掃除、湿度管理など

少し気を配るだけでも、かなり違ってきます。

 

という事で、私も、カビを蔓延らせない環境づくり、

頑張ってやっていきたいと思います!

 

スポンサードリンク

関連記事

  1. big_thumb_a630f442c8a415b82833dc81f14b3bdb
  2. big_thumb_9406188443f41a6293264d06bd5acaee
  3. big_thumb_acff386b013b4259c41f2333df1a5ae3
  4. Minimalistic_birds_cats_animals_friends_mice_simple_2560x1600

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

楽天トラベル