【衝撃】海外の寿司が危険度MAX!?イギリスのツワモノな寿司事情にせまってみた♪

この記事は4分で読めます

「ああ~美味しい日本のお寿司が食べたい~。

トロにウナギにエビ、トリガイと鉄火も食べたいな~。」

 

 

体調が悪くて寝込んでいると

無性にある特定のものが食べたくなる時ってありますよね。

 

 

実は、最近、息子が学校で貰ってきた変な菌に二次感染し

ワタクシ、数日寝込んでいたのですが、

その時、もう、お寿司が食べたくて食べたくて。。。

 

 

勿論、自分で作る気力なんて全くないですし?

 

背に腹は代えられないという事で

普段は絶対に買わないイギリスのスーパーのSushi

とうとう手を出してしまったのです!w

 

 

という事で、今回はグルメ大国とは程遠いイギリス

かなり危険な寿司事情などご紹介してみたいと思いますw

 

スポンサードリンク

 

ぱっと見は及第点!?でも油断は禁物なイギリスのsushi!

 

 

先ず、イギリス版sushiを具体的に見ていく前に

私がお寿司を購入したお店について軽~く触れておきます。

 

 

 

私が上記のなんちゃって感満載のsushiをゲットしたのは

近くのTesco(テスコ)というイギリス最大手のスーパー。

 

激安スーパーではありませんが、こじゃれたお店でもない

どの街にもある極々平均的なスーパーです。

 

 

さて、問題の寿司ですが、Large Fish Selectionという

ご覧のように握り寿司と巻き寿司が入ったものをチョイス。

 

image (2)

 

因みに、お値段のほうは3ポンド30ペンス

大体日本円に換算すると600円前後になります。

 

 

一応、お寿司の横には、ガリ、ワサビ、醤油が添えられていて

割り箸もちゃんと付いてるし、まぁ、ぱっと見は大丈夫そう

 

ですが、少しじっくりと見ていくと

直ぐに危険な香りが漂うポイントが目に入ってくるんですよね。

 

握り寿司はまぁ、それ程でもありませんが、

巻き寿司がかなり正体不明。。。

 

油断するなという警告音が脳内に響き渡りますっw

 

スポンサードリンク

 

寿司はシャリが要!を実感する予期せぬイギリスsushiの落とし穴!

image

 

…そんな訳で、期待をはるかに上回る不安を抱きつつ

パックの蓋を開けて、先ずはガリをパクッと一口!

 

普通でした♪(まぁ、当然といえば当然でしょう、これは)

 

 

そして、少し心が落ち着いたところで、

先ずは中央に4つ縦に並んだ細巻きから挑戦!

 

パックの表示によるとツナマヨ&赤ピーマン細巻き×2

魚のすり身の細巻き×2という事ですが。。。

 

魚を特定していない所に危険を感じるのは私だけでしょうか?

 

 

まぁ、そんな事はさておき、肝心の細巻きのお味の方ですが、

ちょっと酢が強めかな、という印象ですが意外と普通!

 

 

・・・が、しか~しっ!

 

肝心のシャリが…

 

 

表面が微妙にネチョっとしてるのに、

どういうわけか全体の印象としてはシャリが固め…

 

お米はちゃんとした日本米のようなので、

炊き方と酢の合せ方に問題があるのかも?

 

かなり残念な食感ではありますが、まぁイギリスですし?

それ程期待していなかった分、こんな物かな、と。

 

 

という訳で、鯖の塩焼き?と思しき物がのっかった握り、

スモークサーモンとチャイブ(葱っぽい風味)の混ぜご飯?

 

と、スペック低いながらも、まっイギリスだからね~、

という感じで食べ進んでいったわけですが…

 

 

勿論、このままでは終わらないのがイギリスの食です!!

 

 

 

独自の進化(退化?)を遂げたカリフォルニア巻きが超危険!!

 

 

そう…それは私の中に、少し油断が芽生えかけていた矢先、

先ず、最初の衝撃が何の前触れもなくやってきやがりました!

 

逆輸入の寿司の定番のカリフォルニア巻き

ほおばった瞬間、口の中に広がるピリピリとした感覚

 

 

「なぜ、ここでエスニック風味!?」

 

 

 

そんな戸惑いを感じつつ、パッケージをチェックしたところ…

スイートチリ風味の鯖のカリフォルニア巻きとの事。

 

まぁ、確かにチリの風味が鯖の魚っぽさをマイルドにしてて

目指している物がおぼろげながら分かる気はしますがね。

 

さすがイギリス…と思いつつ、

サーモンの握り(これは普通に美味しかった♪)で口直しをし、

続いて、別の種類のカリフォルニア巻きにトライ!

 

「えええええ~何何っ!?この強烈な風味はっ!!」

 

口に入れた瞬間に広がる、めちゃくちゃエスニックな独特の味!?

急いでお茶で口内に吹き荒れる嫌~な風味を打ち消しつつ

覗き見た表示には、しっかりとコリアンダーの文字が!!

 

 

…ですよね~コリアンダー(パクチー)嫌いなんですよ、私。

 

因みに、写真手前の太巻きにまぶされている緑の物体がヤツなんですが

どうして、ひと手間かけて、わざわざ不味くする!?(涙)

 

そんな恨み事と口に残る嫌な後味をガリと緑茶で打ち消し、

最後までエビの握りを取っておいた事に感謝しつつ、

なんとか口直しをして、とりあえずは事なきをえた次第ですっ!

 

 

 

まとめ

・イギリスのスーパーの寿司、見た目は及第点!
・シャリはイマイチで低レベルながらもそこそこ食べられる。
・サーモンとエビは普通にお寿司でちょっと安心。
・エスニック風味のカリフォルニア巻きはハイリスク!!
・特にパクチーがまぶされた逸品は寿司の進化(退化?)系

 

 

という事で、ある意味、期待を裏切らない

イギリスのスーパーの寿司事情、ご紹介いたしましたが、

なんと言っても、カリフォルニア巻きの衝撃はハンパないですね。

 

因みに、今回ご紹介した寿司パックには入ってませんでしたが、

パクチーではなくフェンネル(ウイキョウ)バーションの

カリフォルニア巻きもテスコでは売られてまして…

 

私的にはパクチーよりは危険度は低いかなと思うのですが、

いずれにしても、さすがイギリス人、

 

自国のみならず、

他国が誇る食文化まで貶めるのが本当にお上手♪

 

と感心せずにいられませんねっ。

 

スポンサードリンク

 

関連記事

  1. Cherry_Blossom_Flowers_Tree_Path_Tree_1920x1200
  2. spiderman_fat_marvel_comics_cartoon_movie_1600x1600
  3. 540x360xIMG_5147-540x360.jpg.pagespeed.ic.7btY1uyvcG

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

楽天トラベル

Twitter