英語の単語の覚え方!発音が最重要!?

この記事は4分で読めます

 

 

子:「ねえねえお母さん、この漢字ってインポータント?」

私:「うん、この漢字はとっても大切だね。」

子:「じゃあ、覚えるのはネセサリー?」

私:「そうそう、覚えないと…てか、それより先に

とりあえず、全部、日本語で話そうか?」

子:「…WHY?」

私:「…はぁ(´Д` )」

 

 

寝言や睡眠時間の記事でも登場?したタクの愚息ですが

実は、彼の第一言語は英語

 

そんな「ヤツ」の英語&日本語がちゃんぽんになった

不思議な言葉と日々格闘する中、

英語の単語の覚え方の本来あるべき姿?が

なんとな~く見えてきたような気が…。

 

 

という事で、今回は、英語の単語の覚え方について

私なりに少々考察してみました!

 

スポンサードリンク

 

英語の単語は発音が最重要!?

 

 

英語に限らず、ある特定の言語を勉強する際

その基本中の基本になるのが、単語を覚えるという作業!

 

とはいえ、母国語では、曲がりなりにも出来ている

新しい単語を覚える作業が外国語だと

なかなか口で言うほど簡単ではないんですよね。

 

 

ですが、息子の英語&日本語に触れているうちに

いかにして単語を自分のものとして習得するかという事が

遅まきながら分かってきたようにも思うんです。

 

例えば、importantという単語を例にとると

学校英語では、

 

・importantの日本語の意味

・importantの発音

・importnantのつづり

 

を覚えることがimportantという単語を覚える作業なわけですが

そもそも、この3つの作業を一度に行うことが

英語の単語を覚え方をより複雑にしているのでは?

と思うのです。

 

それでは何が省けるかという事になるわけなんですが、

importantという単語を自分の語彙として

アクティブに使えるようになりたい場合、

単語自体を使えなければ意味がないので、

一番大切なのは、先ず最初に発音!

 

 

つまりどんな風に

importantを読むのかという事で、

次に大事なのはimportantという言葉が

 

「なにを意味しているかを理解する事」

 

だと思います。

 

 

 

英語の意味は英英辞典で引くのがポイント!?

 

 

発音の仕方を覚えて次に意味…

で、最後につづりを覚えるのなら

いつもの英語の単語の覚え方と一緒で

何も目新しい事ないし…

 

と思うかもしれませんが、

ここでポイントになるのが意味の理解の仕方です!

 

 

いかに効率よく単語を覚えるかが大切だった受験英語は、

ちょっと横に置いておいて…。

 

英語の単語を覚える際に、私がおすすめしたいのは、

英語の単語の日本語訳をおぼえるのではなく、

その単語の意味を英語で理解するという事!

 

 

一見、ものすごく無謀な事を言ってるみたいかもですが

これって、日本語では誰でも出来ている事で、

そして、母国語を勉強するときには、

小さな子供でもやってる事なんですよね。

 

 

つまり、家の息子を例にすると、彼の語彙の中で

Importantやnecessary といった単語は

日本語の対訳付きで理解されているのではなく

単語その物として存在する、よりシンプルな理解なわけです。

 

 

なので、その分(日本語の文中というのがネックですが)

単語も相応しい場所でさらっと口をついて出てきます。

 

という事で、より自然に英語の単語をみにつけるなら

英単語の意味は英英辞典で引いて英語で理解する!!

 

 

これが生きた英語の単語を覚える大きな近道になるのでは

と思う次第です!!

 

スポンサードリンク

 

英語の単語は必ずフレーズで覚える!?

 

 

英語の単語を覚える上で、英英辞典を使うのは

実はとってもオーソドックスな方法なんですが

それに加えて、

 

英語の単語は単語だけで覚えない

 

というのも結構大切なポイントではないかと思います。

 

 

といっても、別にその単語を使った例文を

沢山読解するなんて必要は全くなく、

とりあえず、importantという単語を覚えるなら

その単語が入っているフレーズを沢山読んでみる!

 

といっても、ただ目で追っているだけでは効果が

微妙なので、音読する事が肝心です。

 

で、ここまでの流れで、おそらくお気づきでしょうが

英語のフレーズを音読する場合も

日本語訳を頭の中でするのは勿論NG!!

 

 

英文をそのまま自分の中で理解する…というか

その文が意味するところのイメージを

自分の中で作り上げるのがポイントです!!

 

『読書百遍意おのずから通ず』

 

ではないですが、

その単語に触れ合う機会が多ければ多いほど

自分の中での単語のイメージも強くなると思いますので。

 

 

 

まとめ

・英語の単語を覚える際は、発音が最重要!?
・英語の単語の意味は英語で覚えるのがおすすめ!
・英語の単語は英英辞典で意味を把握!
・英語の単語は文を何度も読んでフレーズを覚える!

 

 

という事で、ここまで英語の単語の覚え方について

ご紹介してきたわけですが、参考にしていただけそうな

情報があれば幸いです。

 

まぁ、最後にこんな事を言うと本末転倒なんですが、

勿論、単語のつづりを何度もノートに書いて単語を暗記する

という従来の方法に効果がない訳ではありません。

 

 

ですが、単語帳などを作って英単語を覚える際、

 

意味とつづりが暗記できた時点で、その単語を覚えた!

 

と思ってしまいがちですが、

これが結構な落とし穴にもなります!

 

 

というのも、単語は会話や文章の中で

自然に使える&理解が出来る

という状態で、単語って初めて自分のものになるのでは?

 

と思いますので。

 

スポンサードリンク

関連記事

  1. PAK75_englishranchon20141206202538-thumb-815xauto-18007
  2. big_thumb_f2cab4d3a3112b42f468aa99d14d08b7
  3. big_thumb_bfdc0ae4ac09a645c161240e9ebcdc77

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

楽天トラベル

Twitter