ガーデニングの初心者は庭ではなくまずは身近なとこから!

この記事は5分で読めます

ガーデニング初心者の方が、さあ、始めようと思っても、

何から始めたらよいのかわからない方が多いと思います。

 

最近では、

 

・手軽に楽しめる育てやすい花

・長く楽しめる花

 

が多く出回るようになりました。

 

 

育てやすい花は始めての方でもあまり手間がかからないで、

手軽に楽しむことができます。

 

せっかく花を植えたけど、放置してしまい、

薄汚れた花壇になってしまっては元も子もないので、

どうせ選ぶなら、ガーデニングを楽しめるお花を選びましょう。

 

 

そこで、

ガーデニング初心者の方でも、育てやすい花などについて、調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

ガーデニングの初心者向けの丈夫な花は?

 

 

乾燥に強い

 

 

もともと砂漠のようなところや、

海岸に自生していたようなお花、

ハーブの一部

 

が乾燥にとても強いです。

 

 

例えば

・ポーチュラカ

・マツバギク

・ラベンダー

 

 

 

暑さに強い

 

日本の大半の場所は、

夏ジメジメしてここで花がダウンしてしまうことが多いですが、

そんな中でも暑さ知らずのお花もあります。

 

 

例えば

・ニチニチソウ

・ケイトウ

・インパチエンス

・サルビア

 

 

 

寒さに強い

 

冬のガーデニングは花が少ないイメージがあります。

 

しかし、そんな冬の寒さにも負けない花もあります。

 

 

例えば

・ビオラ

・パンジー

・ガーデンシクラメン

・プリムラ

・キンギョソウ

 

 

 

管理不要

 

一度植えればあとは、水やり程度で育つお花もあります。

 

 

例えば

・コスモス

・ヒマワリ

・ポピー

・スズラン

・スイセン

 

 

 

 

ガーデニング初心者のベランダガーデニングで知っておきたい事

 

 

おしゃれなベランダのガーデニングに憧れている方も多いと思います。

 

とはいっても初心者の方なら、

何からはじめればいいのか、

何を準備すればいいのかわからないことだらけですよね。

 

 

まず、日当たりなど環境によって育てられる植物が変わってきます。

 

基本的に日光が良く当たり、

風通しが良い場所が植物を育てる環境には最適です。

 

南向きのベランダがガーデニングにはおすすめですが、

日があまり当たらない場所でも育てられる植物はあるので、

どこのベランダを使うのかまず決めましょう。

 

 

そして、室外機の風の出方や雨風の影響を受けやすいかどうか、

 

お隣と距離なども確認しておきましょう。

 

 

 

次には、ベランダのレイアウトを決めます。

 

大きな横長のプランターで花壇を作るのか、

ミニサイズのプランターを柵に取りつけるのかなどです。

 

また、南国原産の植物や小さな花の寄せ植え、

柵や屋根にツタをはわせるなど選ぶ植物によってもイメージが変わります。

 

 

植物は、プランターや鉢で育てるものと、

庭や花壇に植えて育てるものがあります。

 

ベランダガーデニングでは、プランターや鉢で育てられる

多年草や一年草、多肉植物、観葉植物、ハーブ、野菜を選びます。

 

 

複数選ぶときは、開花する季節や水やりの頻度、土質に注目し、

育て方が似ているものを選ぶのがポイントです。

 

 

 

また、日陰を好むもので揃えなければならないなど

育てる環境によって植物選びにも工夫が必要です。

 

栽培が簡単な花を季節別にご紹介します。

植物選びの参考にして下さい。

 

 

 

 

・ビオラ

・パンジー

・ヒヤシンス

・チューリップ

・ナスタチウム

・ロベリア

 

 

 

 

・ペチュニア

・ニチニチソウ

・インパチェンス

・ポーチュラカ

・トレニア

 

 

 

 

・コスモス

・マーガレット

・カランコエ

・マリーゴールド

 

 

 

 

・ガーデンシクラメン

・ノースポール

・デージー

・アリッサム

・プリムラ

 

 

 

花が決まったら、次はです。

 

酸性かアルカリ性かなど、植物によって好む土の状態が違います。

 

購入する植物が決まったら、

それぞれに合った環境を整える準備をはじめましょう。

 

 

 

初心者の場合、

草花が育つように適度な肥料や堆肥が混ぜてある草花用培養土がお勧めです。

 

スポンサードリンク

 

ガーデニングの初心者は野菜から

 

 

ガーデニングと言えば綺麗な花を育てるというイメージが一般的だと思います。

 

しかし、最近は野菜を栽培するという方が増えてきているのをご存じでしょうか?

 

 

花を育てるのは以外と知識が必要で、

ガーデニング初心者は日当たりや土の肥料、

水の上げ方などを間違えて失敗してしまう事が多いようです。

 

 

しかし、野菜は比較的簡単に育てられる物が多いので、

後々本格的に花を育てるための経験という意味でも有意義といえます。

 

 

 

そこで育てやすい野菜をご紹介します。

 

 

レタス

 

成長が早いレタスはとても簡単に収穫できて

(上の部分をチョキンとはさみで切ったり、欲しい分だけ葉っぱをちぎったりして)

育つのに場所を選びません。

 

プランターでも栽培できますし、

例えばお花や背の高い植物の脇に一緒に植えても育つぐらいです。

 

 

 

トマト

 

トマトは庭の大きさに関係なく、

吊るすタイプのかごのような入れ物を使ったりプランターでも栽培できます。

 

また、たくさん日が当たる場所で枝を支える棒のようなものがあれば、

どこでも簡単に栽培できるので、家庭菜園で最も親しまれている野菜です。

 

 

トマトの隣にバジルを植えると天然の害虫駆除として役立ちますし、

トマトの味も良くなるとされています。

 

さらに良いことに、バジルもとても簡単に栽培できます。

 

 

 

キュウリ

 

キュウリはたっぷりの太陽光と暖かい気候の元で育ちます。

 

枝葉が長くよく伸びるので支えが必要ですがプランターでも栽培できます。

しっかりした支え棒とお水を定期的にあげておけば、

まるで雑草のようにぐんぐん伸びていきます。

 

つる草タイプのキュウリよりも、

低木のキュウリの方がプランター栽培には適していて、

狭い場所でも栽培できる上に病気しらずだそうです。

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたか?

 

ガーデニングを生活に取り入れて心ゆくまで楽しめれば、

きっとあなたの暮らしも潤いに満ちたものになることでしょう。

 

スポンサードリンク

関連記事

  1. big_thumb_9406188443f41a6293264d06bd5acaee
  2. big_thumb_bebf24635b4943822485bf48b79f7e10
  3. big_thumb_a630f442c8a415b82833dc81f14b3bdb
  4. mood_girl_boy_man_woman_couple_silhouette_Meditation_calm_tranquility_peace_serenity_beach_sand_sea_water_wave_waves_sunset_3580x2420

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

楽天トラベル