桜の盆栽の育て方や手入れの方法は!?おすすめの種類や剪定は!?

この記事は4分で読めます

7078060935_a53d2706a6_z

https://www.flickr.com/photos/28003102@N04/

 

 

「日本の春といえばやっぱり桜!

切花や庭木もいいけど桜の盆栽も可愛くって素敵!!

育ててみたいけど、初心者には難しいのかな?」

 

 

切花よりも長持ちして表情も豊かな桜の盆栽

季節が感じられるお部屋のインテリアとしても人気ですが

桜の盆栽って手入れが難しそう

って印象がありますよね。

 

 

ですが、中には初心者向けの育てやすい品種もあり、

挑戦してみる価値はありそう。

 

 

 

という事で、今回は、とっても風情がある桜の盆栽について

おすすめの種類や手入れの方法などをご紹介したいと思います!

 

スポンサードリンク

 

 

桜の盆栽でおすすめの種類は?

 

 

一口に桜といっても

その種類実に300種類を超えるのだそうで

盆栽に向いていて、比較的育てやすい桜と

初心者にはハードルが高い桜があるのだそうです。

 

 

せっかく、意気込んで苗を手に入れても

枯らしてしまっては元も子もないので、

先ずは育てやすい種類を選ぶのがおすすめ!

 

中でも盆栽の桜で代表的な

 

一才桜

 

という種類は

初心者向けの育てやすさが最大の魅力。

 

 

早く花をつけて元々小型なのも盆栽向きの理由です。

 

 

 

ちなみに、最もメジャーな「一才桜」は、

 

旭山」

 

という品種で

小まめに世話をすれば4月中旬に綺麗な花をつけて

自宅でお花見が楽しめますよっ♪

 

桜の代名詞的な「ソメイヨシノ」

盆栽に出来ないわけではありませんが、

「一才桜」に比べて育てるのが難しいとのことで、

残念ながら初心者向けとは余りいえなさそうですね。

 

 

その他、エレガントな雰囲気が魅力の八重桜や

春と秋、2度花を咲かせる十月桜など

盆栽としても結構種類が豊富な桜ですが、

とりあえず、「一才桜の旭山」が一番の安全パイです!!

 

 

 

桜の盆栽の育て方や手入れの仕方は?

 

 

という事で、育てやすい種類の桜をチョイスしたら

次はいよいよ桜の盆栽の育て方や日々のお手入れの仕方!

 

 

まず、盆栽の置き場所ですが、桜は日向を好みますので

日当たりがよくて風通しが良い屋外

を選んあげて下さい。

 

 

 

続いて水遣りは

夏場は日に1~2回、冬場は2~3日に一回を目安にし、

あげすぎない事が肝心!

 

多すぎず少なすぎず、ほど良い加減で水遣りするのが

綺麗な花を咲かせる重要なポイントにもなります。

因みに、水の遣りすぎは根ぐさりの原因になるので

あくまでも程よくを守ってください!

 

 

 

また、盆栽には不可欠ともいえる肥料ですが

大体月一度を目安に有機性の固形肥料をあげます。

 

固形肥料は鉢の隅の方の土に押し込むようにするのがコツ。

 

固形肥料の置き場所が根元に近すぎると、

肥料がきつすぎて枯れる原因にもなるので要注意です!

 

 

 

また、梅雨の時季は雨で肥料が溶け出し、肥料過多になるので

この時期の肥料はスキップしてしまって問題なしです。

 

ちなみに、桜は害虫も結構、付きやすいので

春から秋にかけての暖かい間は年に3~4回くらいの間隔で

定期的に消毒する事もおわすれなく!

 

スポンサードリンク

 

桜の盆栽では剪定の仕方に要注意!!

 

 

桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿

という諺があるように、盆栽の桜でも

不用意に剪定をしてしまうと枯れる原因になるので

桜の剪定にはいくつかの注意点があります。

 

 

まず、桜の枝の剪定の時期は花が終わった後

葉が散った11月頃に行うのが基本。

 

また、萎んだ花をいつまでも木に残しておくと

見た目がイマイチなだけでなく、

木に余分なエネルギーを使わせますので

花ガラは、小まめにとるようにするのも大切です。

 

 

枝を剪定する場合には、特に注意が必要で、

桜は、太い枝を切ると雑菌が入って枯れるのが

桜切る馬鹿といわれるようになった理由。

 

 

なので、枝をきった後は癒合剤を塗っておくと安心です。

 

特に、太い枝を切った場合は、癒合剤を使わないと

先ず、確実に枯れますので、桜切る馬鹿にならないよう

くれぐれもご注意下さい!!

 

 

 

因みに、花芽をきってしまうと

当然ながら花が咲きませんのでこちらもご注意を!

 

また、この剪定の時期は、植え替えに適した時期でもあるので

2~3年に1度の割合で植え替えてあげると

ヘルシーな桜の盆栽を長く楽しむことが出来ます。

 

 

 

まとめ

・桜の盆栽は一才桜の旭山が育てやすくておすすめ!
・桜の盆栽の手入れの方法を再チェック!
・桜の盆栽の剪定では相応しい時期に注意して実行を!

 

 

という事で、とても可愛らしい桜の盆栽の育て方や

手入れの際の注意点などをまとめてご紹介いたしました。

 

桜の盆栽は、おしゃれな鉢を選んだり、苔で表情をだしたり

或いは桜の花と同時期に咲くスミレと寄せ植えにしたりと

色んなアレンジが楽しめそうですよね。

 

 

ベランダでも育てられる盆栽なら

マンション住まいの方でも手軽に楽しめますし、

ぜひ、桜の盆栽で季節を感じてみてください!

 

スポンサードリンク

 

関連記事

  1. big_thumb_07c9ab8e4d6a8a5ed944b8fe54a458ed
  2. Minimalistic_birds_cats_animals_friends_mice_simple_2560x1600
  3. Yoshinoyama_Kamisenbon20140415
  4. PAK85_notepc20150319202127_TP_V

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

楽天トラベル