スーツのサイズ選びは?!レディース限定で書いてみた!

この記事は5分で読めます

社会人デビューする方に限らず、

スーツを新調する人が多いのがこの季節です。

 

一度購入したら数年は着るものですし、

ビジネスの場面でもここぞというときに身につけるものですから、

 

失敗のない買い物がしたいですよね。

 

 

スーツは他のアイテムに比べてオフィシャルな側面が強く、

着こなすには様々な決まり事やルール、

上手に着るためのコツがあります。

 

知っているのと知らないのとでは着用時の印象も大違いです。

そこで、レディーススーツの選び方などの基本を調べてみました。

 

 

スポンサードリンク

 

レディーススーツのサイズ表

 

 

ジャケットのサイズ表

 

 

image

出典元:http://www.fr-suit.com/detail2.html

(クリックで拡大できます)

 

 

 

スカートのサイズ表

 

image

http://www.fr-suit.com/detail2.html

(クリックで拡大できます)

 

 

 

レディーススーツのサイズの選び方

 

 

ジャケットを選ぶなら

 

良いジャケットでも、自分のサイズに合っていなければ台無しです。

 

かっちりしたアイテムは何よりも

サイズ感を重視したアイテム選びが大切です。

 

 

 

スーツのジャケットでまず合わせるべきは、

“肩幅”

です。

 

 

最近はコンパクトなシルエットのスーツが多いため、

自分の肩幅より小さい肩幅のジャケットを選んでしまっている人が目立ちます。

 

肩幅が合わないと見た目に美しくないだけでなく、

型崩れにもつながりますので注意しましょう。

 

 

もし他のパーツのサイズが合わないようでも、

肩幅以外のパーツはお直しが効くことも多いので、

まずは肩幅優先でサイズ選びをします。

 

 

ウエストは、ボタンを締めたときに

“手のひらを差し入れられるくらいの余裕”

は持ちましょう。

 

ここもあまりにぴったりなサイズを選ぶと、

どこかに余計な引っ張りジワが入ってしまいがちです。

 

 

また、ウエストのくびれが美しく見えているかどうか、

後ろ姿のチェックも忘れないようにしましょう。

 

着丈はヒップの一番高い位置くらいのものを選ぶと、

いろいろなボトムに合わせやすく便利です。

 

 

もしデスクワークが多い職種なら、袖丈は手首の付け根くらいのものを選んで、

長袖シャツをそこから1~1.5cm覗かせるようにすると、

ジャケットの袖口がデスクと擦れ合って傷むのを防ぐことが出来ます。

 

外回りが多いなら親指の付け根くらいまである袖丈のものでもよいですね。

 

袖口のボタンが開けられる「本切羽」タイプを選べば、

袖を折返すアレンジも楽しめます。

 

 

 

スカートを選ぶなら

 

まずスカートのとき気になるのは丈の長さです。

 

どんなシーンでも失礼のない長さはといえば、

膝のちょうど真ん中くらいです。

 

 

でも背が低い方の場合には、

この長さだと少し重く見えてしまうこともありますので、

ぎりぎり膝上くらいの長さのものを選ぶと良いでしょう。

 

 

ミリ単位で脚の見え方が変わりますので、

既成品そのままの長さで妥協せず、

お直しをして自分に合わせるつもりで購入するのがお勧めです。

 

 

 

スカートのデザインは、

一番トレンドに左右されにくいのはタイトスカートですが、

華奢な体型の方はAラインにした方が形がきれいに見えます。

 

 

また、ぽっちゃり型の方はマーメイドシルエットを選ぶ

すっきり見えますのでぜひ試してみて下さい。

 

色や形選びは慎重になる人が多いのに、

何故か素材選びはおろそかになる人が多いようです。

 

 

 

でも、素材一つで見た目はもちろん着心地も変わりますし、

あなたのビジネス環境への向き・不向きもあります。

 

 

まず、最も一般的なのがウール100%のスーツです。

 

ウールというと「暖かい素材」というイメージを持つ方も多いのですが、

スーツに使用されるウール地は、

薄手のものであれば春夏にも着用できるオールシーズン対応素材です。

 

繊維自体が呼吸するように湿気を放出してくれたり、

しわになりづらかったりと、非常にメリットの多い素材です。

 

でもそのままではストレッチ性はありません。

 

 

そこで最近では、

加工によってストレッチ性を持たせているウールスーツも多く出ています。

 

良く動く職種の方には最適です。

ウールにシルクが混紡されると、美しいツヤ感が生まれます。

 

紺やグレ-、ベージュといったベーシックなカラーでも、

表面に光沢感があるだけで華やかさがぐっと増し、

一味違うスーツスタイルを演出してくれます。

 

 

また、シルクならではのシャリシャリした質感が生まれ、

夏場に特に適した涼やさが得られるのも魅力です。

 

 

 

動きやすさを重視するなら、

伸縮性の堅いジャージ素材のスーツが1番です。

 

しっかりした仕立てであれば見た目のきちんと感は

ウールスーツとまったく変わりがないため、

一度着ると病み付きになるはずです。

 

袖をまくり上げたり、

上下バラしてカジュアルダウンしたりといった

アレンジが効きやすいのも見逃せません。

 

スポンサードリンク

 

レディーススーツのサイズ直しの仕方を公開!

 

 

ジャケットのサイズ直しの仕方は?

 

まずは、普段着用されているサイズを目安に号数を選びます。

 

ゆったりご着用したい場合は、

普段のものよりワン号アップをお勧めします。

 

号数が決まったら、着丈・袖丈・半胴を調整します。

ウエストくびれを強調したい場合は、半胴をマイナスします。

 

 

手持ちのジャケット半胴を測る場合は、

ボタンを留めた状態で平らな場所に置き、

ウエストの最もくびれている箇所の左右の端から端までを測ります。

 

 

それを参考にすると良いでしょう。

 

 

スカートのサイズ直しの仕方は?

 

スカートも、ジャケット同様、

普段着用されているサイズを目安に号数を選びます。

 

上記の表では、仕上がりヒップサイズはヌードサイズとほぼ同じです。

 

ピッタリフィットのタイト目のヒップとなります。

ヒップにゆとりが欲しい場合は、ワン号数上げてウエストをマイナス補正します。

次にウエスト・スカート丈を調整します。

 

 

ウエストは、ヌードウエストの

“+1cm程度”の仕上がり寸法でフィットする感じです。

 

スカート丈はベルト帯含むスカートの前面の丈です。

帯幅は3cmくらいが基本です。

 

 

また、お腹周りが気になる方は、

ウエストを多少大きめにすることをお勧めします。

 

 

 

まとめ

 

 

今回ご紹介したレディーススーツの選び方は、

トレンドに関係なくずっと使える基本的な内容ばかりです。

 

スーツの購入の前にはぜひ参考にして、賢いお買物をなさってくださいね。

 

スポンサードリンク

関連記事

  1. animals_rabbits_tech_computer_funny_office_1920x1200
  2. N853_jyoseiwokanasimaserudansei500-thumb-815xauto-1769
  3. a0001_015368
  4. Painting_Art_Girls_paintings_fire_mood_fantasy_umbrella_girl_women_3000x2001

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

楽天トラベル