チアシードの効果と正しい食べ方をご紹介!実は意外にもカロリーが・・・。

この記事は5分で読めます

水を含ませると膨らみ、ゼリーのようなプルプルした食感になる

今話題の「チアシード」

 

アメリカでスーパーフードとして流行したことや

ミランダ・カーやハリウッドセレブが愛用する食材としてメディアで紹介されたことにより、

美容やダイエットに良い食べ物として

日本でもチアシードを取り入れる人が急増しています。

 

チアシードとしての販売以外に、

置き換えダイエットやスムージーにも配合されるなど

健康食品の定番成分になりつつあります。

 

 

そんなチアシードについて調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

チアシードの効果は栄養価に有り

 

 

チアシードとはシソ科サルビア属ミントの一種です。

 

チアはマヤの言葉で強さを意味しシードは種ですから、

 

チアシード=強さの種

 

という意味です。

 

 

「人の生命維持にはチアシードと水があれば足りる」

と言われるほど栄養価に富んだスーパーフードです。

 

無味無臭で、食物繊維やαリノレン酸、アミノ酸を豊富に含んでいます。

 

 

効果は、

 

・認知症、アルツハイマーの予防、改善

 

・学習能力、記憶力の向上

 

・アレルギーの症状を緩和

(花粉症、アトピー、ぜん息など)

 

・生活習慣病の予防と改善
(糖尿病、高血圧、動脈硬化など)

 

・うつの予防、改善

 

・美肌、美容効果

 

等々です。

 

 

 

人間の体をつくる20種類のアミノ酸の中で

体内で合成できず栄養分として食べないと摂ることができない9種類のアミノ酸を

必須アミノ酸」といいます。

 

 

そしてその「必須アミノ酸」は成人病予防など様々な健康作用が期待されていますが、

チアシードは必須アミノ酸の9種類のうち8種類の必須アミノ酸が含まれています。

 

 

また、チアシードには水溶性と不溶性の2種類の食物繊維がバランスよく含まれています。

 

 

☆水溶性の食物繊維の効果は

 

・コレステロールの改善

・血糖値改善

・糖尿病予防・改善

・心筋梗塞予防など

 

 

☆不溶性の食物繊維の効果は

 

・便秘予防・改善

・痔の予防・改善

・高血圧の予防・改善

・血糖値改善

 

 

などが期待されています。

 

 

 

チアシードの効果はダイエットにも

 

 

意外とチアシードをそのまま食べている人がいますが、

それだとお腹の中で水分を大量に吸収するため、

乾燥したまま食べると胃の中の水分を奪ってしまいます。

 

 

チアシードは、

水に10分ほどつけておき、予め膨らませておくと、

種が10倍に膨らみます。

 

 

膨らんだチアシードの周りに透明なゼリー状の液体みたいなのができているのが見えるかと思います。

これは「グルコナンマン」と言われる食物繊維であり、

コンニャクとかに含まれる成分です。

 

 

このグルコナンマンは食欲を抑える働きや、

糖やコレステロールの吸収を抑える働きがあります。

 

さらに便秘の解消に効果を発揮します。

 

 

これを水につけておかずそのままで食べてしまうと、

ダイエット効果は薄れてしまいます。

 

また、必須脂肪酸が多く含まれている動物性食品は

カロリーがオーバーしてしまうのが難点ですが、

チアシードは植物性で多くの種類の必須アミノ酸が含まれているので、

カロリーオーバーにもなりません。

 

 

色々な食事に混ぜると、満腹感が得られるために、

食べる量が減りダイエットになります。

 

だからと言って、チアシードをフリカケ感覚でサラダにも入れたり、

ヨーグルトにも沢山入れたり、ブルーベリージャムに入れたりするのは、いけません。

 

そもそもチアシードって結構カロリー高いのって知ってましたか?

チアシードの1日の摂取基準量は10g程度(大さじ1杯程度)です。

 

スポンサードリンク

 

チアシードの効果があった方の口コミ

 

 

口コミ1

 

チアシードは痩せすぎ注意!って言われるくらいすごい効果だと聞いていて、

またいつものダイエット宣伝の嘘かなって思ってたんですが、本当に効果ありました!

 

いつもお昼を食べてもそのあと、おやつがないとお腹が空くんですが、

お昼にチアシードを採ってたらおやつがなくても大丈夫になりました。

 

 

 

口コミ2

 

チアシードを飲み始めて、1ヶ月くらいがたちました。

 

摂取の仕方は、まず、朝食でカロリーメイト2本と、

レモンティーに大さじ1杯くらいのチアシードを入れて、飲んでいます。

 

後は、夕食の前に同じように飲み物に入れて飲んで、また、料理に混ぜたりもします。

味は、無味無臭なので、料理の邪魔にもならず、摂取しやすいです。

 

飲み物に混ぜたときは、敢えてよくかき回してから、

5分くらい置いて、ヌルヌル感を出して飲むとタピオカみたいな食感で、楽しんで飲めます。

効果は、空腹感を抑えられるので、間食を我慢するのがラクになりました。

 

 

また、チアシードを飲む前は、1週間くらいの便秘が当たりませでしたが、

2日に1度くらいの割合で出るようになりました。

 

あと、これは、チアシード効果なのか、はっきりとはわかりませんが、

ダイエットの停滞期でぜんぜん落ちなかった体重が、

チアシードをとり始めてからまた落ち始めました。

 

 

 

口コミ3

 

水に混ぜるのが良いと聞いて、水を含ませてから、飲み物に入れています。

 

膨らんだ状態の時は見た目は少し気持ち悪いですが、食感はとってもいいです。

便秘解消は、すぐに効果があり、体重も徐々に減ってきています。

嬉しい限りです。

 

夕飯を食べなくても大丈夫になりました。

値段も高すぎないので、気軽に取れるところも良いです。

 

 

 

まとめ

 

 

まとめというより、補足ですが、

チアシードにはブラックとホワイトの2種類があることはご存知ですか?

 

ブラックチアシードもホワイトチアシードも水分を含むと膨張しますが、

その膨張率には大きな違いがあります。

 

 

ブラックチアシードが水分を吸収して約10倍に膨張するのに対して、

ホワイトチアシードは約14倍にも膨張します。

 

 

同じ量を摂取したとしても、

ホワイトチアシードの方が「腹持ち」や「満腹感」をより感じることができるでしょう。

 

商品によっても異なりますが、

ホワイトチアシードの方がブラックチアシードよりも

「オメガ3脂肪酸」と「食物繊維」の量が多いです。

 

 

オメガ3脂肪酸は体内で作ることができない必須脂肪酸の1つで、

食事から摂取する必要がある成分です。

 

アレルギー症状を緩和させる働きや、

血液をサラサラにする効果などが期待されています。

 

 

一方、鉄やカルシウム、マグネシウムはブラックチアシードに多く含まれています。

 

自分の体調や摂取する目的に合わせて、

ブラックとホワイト、どちらかを選ぶと良いでしょう。

 

 

 

とにかく1日にスプーン1杯程度のチアシードを毎日取り続けることで、

さまざまな効果が期待できます。

 

ちなみに、わたしは毎朝ヨーグルトに混ぜています。

 

無味無臭で手軽に食事に取り入れることができるチアシード。

ぜひ毎日の生活に取り入れてみて下さいね。

継続することが大切なことです。

 

スポンサードリンク

関連記事

  1. Face_Abstract_White_girl_girls_paint_drops_mood_psychedelic_1920x1080
  2. big_thumb_2b5d40718e0181b7c1515fb3f57bc5ac
  3. 540x360xIMG_5147-540x360.jpg.pagespeed.ic.7btY1uyvcG
  4. lgf01a201411201200

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

楽天トラベル