クレジットの審査に通らない方必見!!これであなたも通るはず!

この記事は5分で読めます

クレジットカードは、以前と比べるとETCや電子マネーの普及もあり、

日本でも持っている人が爆発的に増えています。

 

また、各会社ごとに特徴のあるサービスや特典が増え、

その種類も数えきれないほどです。

 

 

ただし、当然ですが、

クレジットカードを持つ上では審査に通る必要があります。

 

まず知っておかなければいけないのは、

各カード会社ごとに審査基準が異なるという事です。

 

 

そのため審査に通りやすい会社と審査に通りにくい会社が存在するわけです。

 

「クレジットカードの審査に通らない。」

「何度申請しても断られてしまう。」

 

そんな方は、まずは今の自分の状況を整理してみて下さい。

 

 

クレジットカードの審査になぜ通らないのか、

その原因や通りやすいカード、難しいカードなどについて調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

クレジットの審査が甘いのは?7つを紹介!!!

 

 

「クレカ審査になかなか通過できない」

そういう方におすすめしたい審査が甘いと噂されるクレジットカードをご紹介します。

 

 

 

セディナ・ハローキティカード

 

 

審査システムにハードルの低い「IBIS」を利用している

 

「セディナ・ハローキティカード」

 

 

今、広告費のキャンペーンをうっており、その期間は狙い目となっています。

 

デザインなどにこだわりがなく、

どうしてもクレジットカードが必要という方は、この機会を逃さないようにしましょう。

 

参考までに↓



 

ファミマTカード

 

 

カード管理会社が「ポケットカード」に変更してからは、

審査のハードルが大幅に下がり現在では、とても所持しやすいカードになりました。

 

審査に通るポイントは、

 

「カードキャッシングの機能を設定しない」

(カードキャッシングの「融資」にチェックを入れない)ことです。

 

 

これさえクリアすれば審査のハードルはグッと下がります。

 

 

 

楽天銀行カード

 

 

「色んなクレジットカードに申込んだけれど、どれも審査に落ちてしまった。」

「審査が気になって、なかなか申込に踏み込めない。」

 

といった方でも審査に通ると言われています。

 

 

無印の「楽天カード」と違い銀行口座開設が必須となるので、

お持ちの口座を引き落とし口座にしたい方にはおすすめできませんが、

審査に不安がある方にはお勧めです。

 

参考までに↓



 

 

イオンカードセレクト

 

 

上記の楽天銀行カードと同様、銀行口座開設が必須となりますが、

審査のハードルも同様にとても甘いです。

 

不安な方は

 

「キャッシング機能を設定しない」

 

で申し込みを行えば間違いないでしょう。

 

 

セディナJIYU!DA!

 

 

IBIS(アイビス)という審査システムを利用している

「セディナカードJIYU!DA!」

 

この審査システムは、

 

「お金を返してもらえない可能性があっても、

利益が出そうと判断できればカードを発行する」

 

というほど、審査がゆるいとされているカードです。

 

 

P-oneカード

 

 

取得難易度が難しいって言われる事もあるP-oneカードですが、

一つのポイントさえクリアすれば、審査のハードルはグッと下がります。

 

それは「ご自宅に電話連絡が可能」という条件です。

 

 

 

ローソンPontaカード

 

 

信販系のクレディセゾン(セゾンカード)になりますので、

比較的審査は辛いイメージがありますが、

そこは流通系カードらしくずいぶんと作りやすくなっています。

 

 

 

 

クレジットの審査難易度ランキング

 

 

難易度レベル☆☆☆:銀行系カード

 

 

銀行系カードは銀行、

または銀行と提携している会社が発行しているクレジットカードです。

 

ステイタス性の高いカードを除いた

 

一般カードの中では最も審査が難しく、

中にはゴールドカードに匹敵する難易度のカードもあります。

 

 

とはいえ、転職回数が少ない一般の会社員であれば、

これまで支払いの遅延をしたことがなければ問題なく発行できます。

 

 

【銀行系カードの代表カード】

 

・アメリカン・エキスプレス・カード

・三井住友VISA カード

・MUFGカード

 

 

 

難易度レベル☆☆:独立系カード

 

 

独立系カードは、

クレジットカードを発行しているカード会社の系統にも該当しないクレジットカードです。

機能性も独自で高いものが多く、

どれも一般カードの中では比較的難易度は高めです。

 

【独立系カードの代表カード】

 

・リクルートカード

・NTTグループカード

・SBIカード

 

 

 

難易度レベル☆:交通系カード

 

 

交通系カードは、

鉄道会社や高速道路を運営している会社が発行するクレジットカードです。

一般カードの中では平均的な審査難易度です。

 

【交通系カードの代表カード】

 

・ビックカメラSuicaカード

・ANA VISA Suicaカード

 

 

スポンサードリンク

 

クレジットの審査期間

 

 

クレジットカード審査の審査期間については、

最短即日というものから1ヶ月以上かかるものまでさまざまです。

 

それでは、何故クレジットカード審査では、

ここまで審査期間の長さに違いがあるのでしょうか?

 

 

クレジットカード審査の審査期間の違いには理由があります。

そして、この理由ですが、申込者が原因になっている場合が多いようです。

 

というのも、クレジットカード審査には毎日多くの方々が申し込みをしていますが、

申込者によって属性情報や信用情報は異なります。

 

 

例えば、クレジットカード申込者の信用情報に登録されている住所や勤務先と、

今回申込書に記載されている住所や勤務先が違えば新たに住所や勤務先の確認をする必要が出てきます。

 

新たに住所や勤務先の確認をする場合には、

その分だけ審査期間が長くなってしまいます。

 

 

これが、信用情報に登録されている住所や勤務先が、

今回申込書に記載されている住所や勤務先と同じであれば、

新たに住所や勤務先の確認をする必要は無いので、その分審査期間が短くなります。

 

 

 

また、信用情報に事故情報とまではいかなくても軽微な延滞情報が登録されていれば、

クレジットカード審査が慎重に行われるため審査期間が長くなる場合があるのです。

 

さらに、申込者の年収や勤務年数・居住年数が、

クレジットカード会社が求める最低ライン近辺だと、

クレジットカード審査が慎重に行われますので審査期間が長くなる場合があります。

 

 

ですので、自分の属性情報や信用情報に問題がある方は、

通常の審査期間よりも多少時間がかかってしまう傾向がありますので、

気長に待つ必要があります。

 

 

 

当然の事ですが、クレジットカード審査での1日の許容範囲が100人だった場合、

200人が申し込めば2倍、300人が申し込めば3倍も審査期間が長くなってしまいます。

 

ただ、クレジットカード申込者数は、

クレジットカード会社にしか分かりませんので、申込者側では判断する事が出来ません。

 

 

 

まとめ

 

 

カード(クレカ)の審査に通らない時に考えられる理由は、下記の3つです。

 

 

・年収、勤続年数などがカード発行基準を満たしていない。
・個人信用情報機関に登録されている内容に「事故情報」が存在している。
・個人信用情報機関にカードやローンの利用履歴が全く存在していない。

 

 

審査に落ちたからという理由で短期間のうちに、

様々なカードに挑戦(再申込)をすると、結果審査に落ちやすくなります。

 

 

 

「何度も申し込みをしている=怪しい申込者」

 

という角度から本人属性が不利になってしまうこともあるのです。

 

 

これは余談ですが、

様々なサイトで言われている「ブラックリスト」というリストは、

この世の中には存在しません。

 

クレジットカード業界では、

個人信用情報機関に事故情報(延滞情報など)が登録されている状態を

「ブラック」と呼んでいるだけの話です。

 

スポンサードリンク

関連記事

  1. big_thumb_0f905f13e3627c9409dc2c8f2e89720d
  2. big_thumb_3555097a5e631d61f441c39587cf37ce
  3. Jeans_paper_couch_tie_men_rage_laptops_iphone_watches_keys_1920x1200
  4. ELL92_haruranman20130328_TP_V

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

楽天トラベル