マスクで風邪などの予防が本当にできるのか?

この記事は3分で読めます

空気が乾燥してくる季節。

美容や保湿のためにマスクをしている人も多くなってきますよね。

 

これって確かに喉の痛みが良くなったり、

お肌や唇がぷるぷるになる効果があると、耳にしますが、

 

 

本当に効果は期待できるのでしょうか?

気になるマスクについて調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

マスクの風邪予防には寝るときも。

 

 

マスクをすると風邪をひきにくくなるのは確かです。

 

でも、ここで勘違いしてはいけないのは、

ウイルスを体に侵入させないわけではないということです。

 

 

ウイルスは顕微鏡で見なければわからないほど小さいものなので、

どんなに高密度素材のフィルターといえども、

 

 

ウイルスの侵入を完全に防ぐことはできません。

 

 

また、私達が普段しているマスクの構造上、

どうしても鼻の横や顎から外気を取り入れてしまいます。

 

ではマスクの風邪予防効果とは何かというと、

マスクをしていると呼気は温かく湿ったものになり、

冷たく乾燥した空気が大好きなウイルスの繁殖を防ぐことができるのです。

 

そのため風邪を引いても悪化させない、

周囲の人への感染を防ぐという意味ではマスクはとても優秀と言えます。

 

寝るときに、喉の痛みを抑えるためマスクで保湿しておくのもとっても効果的です。

 

 

 

風邪のウイルスというのはとっても小さいので、

マスクをしてても生地の目をすり抜けるのですが、

保湿することでその活動を鈍らせることができます。

 

 

なので炎症が進むスピードが遅くなり、こうした症状を緩和することができるのです。

 

 

オススメなのは「ぬれマスク」です。

 

 

ちょっと息苦しいからずっとつけとくのは大変ですが、

のどにはとても良いと評判になってるみたいです。

 

 

 

マスクはインフルエンザにも効果があるの?

 

 

インフルエンザの季節になると、外に出れば、

電車でも、会社でも、お店でもマスクをしている人が多くなりますよね。

 

 

 

「果たしてインフルエンザにもマスクに効果があるのでしょうか?」

 

 

 

インフルエンザのウイルスもまた、冷たく乾燥した環境を好みます。

また、冬には人体の抵抗力が落ちてきます。

 

息の通り道の鼻やのどの粘膜には絨毛(じゅうもう)という、

目に見えないくらい細かい毛が生えていて、ウイルスなどの異物を外へと運びだします。

 

 

でも、外気の湿度が下がり、粘膜が乾燥してしまうと、

絨毛が動きにくくなってしまいます。

 

 

また、鼻やのどの粘膜には免疫細胞がありますが、

免疫細胞も温かく湿った環境でないと働くことが出来ません。

 

 

 

ですから、マスクをすることによって、

ウイルスが一番嫌いな保温と保湿の環境を作ることはとても効果があります。

 

予防にはもちろん、もしかかってしまっても、

マスクをすることにより鼻やのどに湿り気を与え、

絨毛や免疫細胞がしっかり働きウイルスを弱らせることが出来るのです。

 

スポンサードリンク

 

ノロウイルスも空気感染によりマスクは効果的か?

 

 

ノロウイルスによる空気感染の可能性は低いそうです。

 

ノロウイルスは、非常に微細なウイルスであり周囲に飛散する可能性は高いですが、

感染した患者さんの腸などの消化管で増殖しているため、

呼吸と一緒にノロウイルスを出し空気感染する可能性は低いと考えられています。

 

 

しかし、ノロウイルス患者さんは、

発症すると激しい下痢や嘔吐を繰り返し周囲を汚物で汚染します。

 

 

この汚物には、ノロウイルスが含まれており、

激しい吐き下しをした際に飛沫として舞い上がり、

空気と一緒に吸い込んで感染する可能性はあります。

 

 

 

この様な飛沫などで感染することを飛沫感染と言いますが、

ノロウイルス患者さんの下痢や嘔吐を介助する際には、

飛沫感染するリスクが高くなりますから、マスクや手袋などを装備することをおすすめします。

 

 

 

まとめ

 

 

マスクを着用していても、使い方を間違えているとむしろ逆効果となることもあります。

 

なんと73%の人が正しくマスクを使えていないという調査結果もあります。

表裏、上下、サイズなどマスクを正しく使用して、

ウイルスの侵入をしっかり予防しましょう。

 

 

もちろん、マスクを使用しているからといって、

インフルエンザや風邪などを完全に予防することはできません。

 

ですが、自分でできる予防方法を組み合わせることで

感染の可能性を低くすることはできます。

 

まずは、身近でできる予防を実践しましょう。

 

スポンサードリンク

関連記事

  1. DB88_onakamawari15154229-thumb-815xauto-15877
  2. lgf01a201411201200
  3. big_thumb_f33f2b5d168e243e726af7467348ba74
  4. big_thumb_88ed6cf4c16ca9c4a6162f565610e845

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

楽天トラベル

Twitter