確定申告のやり方は個人と法人では違う?

この記事は3分で読めます

確定申告は、

個人の1月1日から12月31日までの間に発生した所得に関する税金の申告手続きです。

 

平成26年分の確定申告は、

平成27年2月16日から平成27年3月16日までが受付期間となっています。

 

 

確定申告では、個人で事業などを営まれている方が税金を納める納付と、

すでに支払った源泉所得税や予定納税など、

払い過ぎた分を返してもらう還付などがあります。

 

よく内容を知っておかないと、損をしている方も多いようです。

そこで、申告の期限を中心に調べてみました。

 

 

 

確定申告の期限、法人の場合

 

 

確定申告を行う上で、申告期限を守ることは重要なことです。

 

確定申告は税目ごとに行われ、それぞれ期間と期限も異なります。

自分の申告対象となる税目をしっかりと確認する必要があります。

 

スポンサードリンク

 

消費税及び地方消費税

 

消費税課税事業者の場合は、

個人でも、法人でも確定申告が必要となります。

 

個人事業者と法人の場合では期間・期限が異なりますのでご注意が必要です。

 

 

・個人事業者の課税対象期間:1月1日から12月31日の1年間

⚫︎

個人事業者の確定申告書の提出期限:翌年の3月31日

 

 

・法人の確定申告書の提出期限:課税対象期間は原則として事業年度内

 

法人の確定申告書の提出期限:事業年度末日の翌日から2ヶ月以内

 

 

いずれの場合も、申告期限を遅らせることはできません。

 

 

 

法人税

 

また会社であれば、法人税の確定申告も必要です。

 

 

・課税対象期間:原則として事業年度内
・確定申告書の提出期限:決算日後から2ヶ月以内

 

 

法人税の納付も、また申告期限までに必ず済ませて下さい。

 

 

 

確定申告の期限切れ

 

 

申告すべき所得があるにも関わらず、

申告手続きをしないまま3月15日が過ぎてしまった場合は、

無申告加算税や延滞税が課せられます。

 

期限を過ぎてしまったとしても申告を行わなければいけません。

 

 

ただし、法定申告期限の2週間以内より前に自主的に期限後申告すれば、

無申告加算税を課せられることはありません。

 

定められた納税期間や期日について十分注意をして、

ペナルティが発生しないように所定の手続きを行うようにしましょう。

 

確定申告の期限を延長するためには、以下の2つの条件を満たさなくてはいけません。

 

 

①:定款で株主総会が決算日から3ヶ月以内と定められていること

②:決算日の翌日から45日以内に延長手続きを行っていること

 

 

 

①については、

法人税の確定申告は株主総会で承認を受けた決算書を基に行わなくてはいけないので、

株主総会が確定申告より遅ければ、確定申告の期限を延長できます。

 

スポンサードリンク

 

確定申告の期限と還付

 

 

会社員(給与所得者)の大部分は、

「年末調整」により所得税が精算されますので、確定申告をする必要はありません。

 

ただし、納め過ぎの所得税がある場合、

申告することで税金を取り戻せることがあります。

 

この給与所得者が税金を取り戻す申告のことを還付申告といいます。

 

 

源泉徴収や、過去の確定申告などで国に納めすぎた税金は、

確定申告の義務がない方でも、

源泉徴収された所得税額や予定納税額が年間の所得金額で計算した実際の所得税額を上回る場合には、

還付申告を行い納め過ぎた所得税の還付を受けましょう。

 

そんな場合の還付申告ができる期間は、翌年1月1日から5年間です。

 

 

 

まとめ

 

 

平成26年分(2015年)の確定申告をしなかった方も、

来年は平成27年分(2016年)の確定申告が必要になるかもしれません。

 

今年、マイホームの購入を検討している場合には住宅ローン控除が受けられたる場合があります。

 

 

また、出産を控えている場合には、

交通費も含めて医療費控除を受けられる場合もあります。

 

平成27年分(2016年)の確定申告に備えて、

今から家計簿の記録、領収書の保管をしましょう。

 

そして期限は、必ず守りましょう。

 

スポンサードリンク

関連記事

  1. hands_card_1920x1200
  2. ELL92_haruranman20130328_TP_V
  3. big_thumb_0f905f13e3627c9409dc2c8f2e89720d
  4. big_thumb_3555097a5e631d61f441c39587cf37ce

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

楽天トラベル