イギリスの英語の発音=上品は日本人の思い込み!?

この記事は4分で読めます

 

 

※先ずは、上の動画をご覧ください!

 

 

「ええっ、これ、ほんとにイギリス英語!?

なっなんかっ…全然お上品じゃないんだけど…。

結構、イメージ崩れたかも…。」

 

 

きっと、そう思われてる方も多いのでは?

 

因みに、上のお二人の女性、特別上品ではないですが、

決して下品でもないんですがね…。

 

 

「イギリス英語はクイーンズイングリッシュって

言われるくらいだから上品なんじゃないの?」

 

というのが、多くの日本人が持つ

イギリス英語に対するイメージかな、と思います。

 

多分、↓こんな感じですよね?

 

 

 

 

 

でも、日本人が全員、標準語を話さないのと同じで、

一口にイギリス英語といっても、

ほんとに色んな発音、アクセント、イントネーションが。

 

 

ということで、今回はイギリス英語の発音の事など少々。

 

スポンサードリンク

 

イギリスの英語の発音の特徴とは?

 

 

一般的に、アメリカ英語と違う

イギリスの英語の発音の特徴というと

 

 

・Rの音を強調しない

Door (ドー) Brother(ブラダ)

 

 

・つづり通りにさっぱり発音

can(カン) tomato(トマート)

アメリカ英語だとキャァン、トメィトウって感じでしょうか。

 

 

・tの音を省略せずきっちり発音

・little(リトゥル) water(ゥオータ)

アメリカ英語だと、リルゥ、ワラr??

 

 

…カタカナ表記には限界がありますが(汗)

 

兎に角、ざっくりとした発音の特徴というと、

「アメリカ英語」が「シーザードレッシング」なら

「イギリス英語」は「和風ドレッシング」という風な感じ。

 

「さっぱりすっきり」みたいな?

 

 

因みに、皆さん、昔、中学英語で、

疑問文は語尾を上げるという風に習ったと思いますが

イギリス英語では、疑問文でも語尾は上ず、

フラットな感じで言う人が多いんですよねー。

 

 

 

イギリスの英語は方言が盛り沢山!

 

 

さてさて、ちょっと話は戻るんですが、

一番上の動画の女性二人、ビートルズでお馴染みの

リバプールのアクセントを紹介していまして…

 

多分、彼女達の中では、最初のイントロダクション的な部分は

一応、標準語的な英語で動画の意図を説明した後、

本格的にスカウス(リバプール訛り)を紹介しだすんですが

ぶっちゃけ、この人達、最初っから、めちゃ訛ってるって思いません?

 

 

因みに、右側の緑の服を着た女性、リバプール訛りについて

Fast 、Funny 、Friendlyといってるんですが、

 

Funny(面白い)の発音なんて、

ともすればFury(激怒)に聞こえなくもなく…

 

って、私の耳がおかしいのか!?

 

 

そして更に衝撃的なのはchickenの発音。

なんだか、既に英語の発音の粋を超えてる感じがします。

 

イントネーションにしても、一味違いますしね。

 

 

という訳で、イギリスの英語はものすごく地域色が豊か

 

 

一説によると、イギリス人で標準英語を話す人というのは

全人口の約3%くらいなんだそうで…。

 

キャサリン妃みたいに聞き取りやすい綺麗な英語を

全てのイギリス人が話していると思ってイギリスに旅行した日には…

カルチャーショックを受けること間違いなしですね(笑)

 

スポンサードリンク

 

イギリスは階級で英語の発音が違う!

 

 

という訳で、非常に多彩なイギリス英語(物は言いようですw)

なわけですが…多くの日本人が勘違いしているのが

クイーンズイングリッシュという表現。

 

BBC(イギリスの国営放送)英語や

パブリックスクールアクセントなど

上流階級の人が話すのがクイーンズイングリッシュなのであって

イギリス英語=クイーンズイングリッシュと思ったら

大間違いってわけなんです。

 

 

因みに、イギリスでは未だにクラス(階級)意識には

かなり根強いものがあり…

 

労働者階級の人は独特のきつい訛りの人が多い傾向が。

 

 

なので、日本語の標準語の概念とは違って

イギリスの標準英語は、地域的なものというよりは

階級がメインになる訳です。

 

 

ただ、北よりは南の方がきれいな英語というのが

一般的なイメージではありますが…。

 

 

そうそう、イギリス英語では語尾が上がらないと書きましたが

北部だと疑問分とか関係なく、やたらと語尾が上がるんですよね。

 

最初の動画のリバープールのお二人もそうなんですが、

なかなかバラエティ豊かなイギリス英語です!

 

 

 

まとめ

・イギリス英語の発音の特徴はさっぱりテイスト!?
・イギリス英語は地域色がとっても豊か!
・標準イギリス英語を話すイギリス人は総人口の3%だけ!
・イギリス英語=クイーンズイングリッシュではない!
・クイーンズイングリッシュはイギリス上流階級の英語。
・労働者階級の人の方が訛りが強い傾向が。

 

 

ということで、イギリス英語の発音についてでしたが

皆さんのイギリス英語のイメージ、多少変わりましたか?

 

因みに、イギリスというと、

 

「こじゃれたボーンチャイナで『アフタヌーンティー』」

 

なんてイメージされる方も多いでしょうが、

イギリス人の過半数は、

 

「マグカップでティーバックの紅茶」を飲んでいます!!

 

 

でもまぁ、日本人だって海外ではステレオタイプのイメージで

見られがちですから、お互い様といえばお互い様なんですがねw

 

スポンサードリンク

 

関連記事

  1. big_thumb_f2cab4d3a3112b42f468aa99d14d08b7
  2. PAK75_englishranchon20141206202538-thumb-815xauto-18007
  3. big_thumb_587e2814087b2608cf89beaad4e19183

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

楽天トラベル

Twitter